怪我のリスクには敏感

Posted by admin on 2013年7月19日 in 健康と医療 |

子どもの頃から無茶をしていた人というのは大人になっても無茶をするもんだ。僕は逆に子どもの頃から怪我には敏感で危ないことはとにかく避けてきた。

怪我のリスクに敏感になったのには理由がある。あれは忘れもしない小学1年の夏のことだ。学校でかけっこをしていて思いっきり転んでしまい、アスファルトで両膝両肘全てを擦りむいてしまった。たいした怪我ではなかったのだが、血を見るような怪我はそれが初めてだった。

アドレナリンが出ていたためか、痛みは無かった。だが、血が滲み出すと急にじんじんして熱くなった。手で血をぬぐったら傷口に付着していた小石が傷口に食い込んだようで、電気が走る痛みを感じて涙が溢れてきた。

すぐに保健室に行って消毒されたのだが、その消毒のしみる痛みと来たら、それも初めての経験だった。怪我をして治療でも痛い思いをするなんて最悪だと思い、以降遊ぶ際には重々気をつけるようになった。

しかしやんちゃな友だちと遊んでいるとそうも自分勝手に遊びを拒否してばかりもいられず、いかにそれを回避するかという方法も編み出していった。そのため、今では嫌なことを断るのが得意にもなっている(苦笑)。

痛みと言えば最近始めた脱毛の事だ。背中の脱毛.nameはとても参加うになった。施術の際の痛みや脱毛料金について詳しく掛かれているので、サロン選びに悩んでいる人にはお勧めできる。

Copyright © 2012-2017 名無しのサイトへ All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.