非常持出袋

Posted by admin on 2012年5月17日 in いろいろ |

東日本大震災の後に、我が家の中で変化したことと言えば、この非常持出袋のチェックでしょうか。

それまでも、準備だけはしていたのです。
家庭に1個分だけですけどね。
でも、今は1人1個持つようにしました。
各部屋に1個、水や食料や防寒具などを入れています。
しかも、季節ごとに中身をチェックするようになりました。

それまでは、こんな大きな震災はどこか他人事だったのです。
自分自身が生きている間に、大きな震災には合わないだろうと高をくくっていた節がありました。

でも、それはとんでもない間違いです。
家庭に1個では全然足りませんね。
一緒に逃げられるとは限りませんし、自分のことは自分で守ろうという意識に変化しました。

携帯のソーラー充電器や、常備薬の確保など、日常で使用するものは随時チェックです。
眠る時には頭の上に置くようにしています。

私の場合、やり過ぎだと思うのですが、外出するバッグにも沢山の荷物を入れるようになりました。
まるで、一泊旅行に行くかの如く、歯磨きセットや常備薬、チョコレートやコンデジなど、持ち歩かなくてもいいのではないかと思ってしまうようなものを、しっかり持って出掛けます。
いつ、どこで被災するか分かりませんからね!
そのお陰で、最近は長時間の外出をすると肩が凝ります。
重たくて仕方がありません(笑)。

ほどほどにという言葉がありますが、やはり身を守るものだと思うと、今持ち歩いているものは手放せません。
用心に越したことはないのですが…。

Copyright © 2012-2017 名無しのサイトへ All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.