イライラするテレビ?

Posted by admin on 2012年5月17日 in いろいろ |

3月25日付の読売新聞『日曜の朝に』という記事は、『イライラするテレビ』というタイトルが付けられていました。
何を指しているのだろうと興味を持って読んでみると…。
結構なあるあるネタでした。

昔から映画の放送では、良いところでCMに入るという手法が使われていました。
それが、最近ではバラエティーやニュース番組(民放)にまで広がっています。
確かに、あれはイラッとします。

元々は、視聴者の気を引こうと始めたんだと思います。
ザッピング(CMでチャンネルを変える)をする人は多いと思うし、私自身もそういう人です。
しかし、あの手法はやり過ぎだと筆者は書かれていました。
私もやり過ぎだと思っています。
下手すると、バラエティー番組では、3,4回同じシーンを目の当たりにすることもしばしば。
ハッキリ言って、内容への興味が薄れます。
見れなかった人は残念でした~という感じでいいと思うんですけどね。
そこを見逃した人への配慮も入っているみたいですが、ずっと見ている人にはしつこいとさえ思ってしまうものです。

だからだと思うのですが、ここ数年はあまりテレビを見なくなってしまいました。
バラエティーもドラマも好きだったんですよ、昔はね。
気になるドラマだったら、録画ではなく、それだけの為に家に帰るということもありました。
どうしてもリアルタイムで見たくて。

でも、今は全く違います。
その為だけに家に帰るなどということはなくなりました。
録画をしてまで見たいとも思わなくなりました。
あまりにもテレビがつまらなくなったし、上記の手法を使われるので、イライラするくらいならいっそのこと見ない方が身の為だとまで思うようになりました(笑)。

それで、今ハマっているのはラジオです。
ラジオというのは、リアルタイムで聴いていないと頭に残らないことばかりです。
視覚が必要ない分、テレビと同じような手法は必要がありません。
わざわざチャンネルを変えることもないです。
震災後にラジオが改めて見直されましたが、災害時だけではなく、通常時でも十分役に立つツールだと思います。
テレビを見なくなったお陰で、電気代もぐんと下がりました。

Copyright © 2012-2017 名無しのサイトへ All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.1, from BuyNowShop.com.